交通事故ドットJP

保険会社から提示された慰謝料・示談金・賠償金の金額に満足していますか?
少しでも疑問があれば、保険会社から提案された和解案に応じる前に弁護士に相談!

交通事故のご相談は初回無料!!ご相談・ご依頼の流れはこちら

交通事故ドットJP

交通事故の被害の「適正な賠償額」の獲得には、弁護士の専門知識・
交渉力が不可欠です!

はじめに

 交通事故に遭い、心身共に大きな負担を負った被害者が、加害者に適切な損害金を支払ってもらいたいと思うのは当然のことです。しかし、どのような手続きを取ったら良いのかわからない、面倒な手続きを取る元気がない、といった方も多いのではないでしょうか。他方で、弁護士に相談したら、高い報酬金を請求され、逆に損をしてしまうのではないかと不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。
 当サイトは、そのような悩みを抱える被害者の方に、少しでも安心していただけるよう、交通事故についてわかりやすく解説しています。まずは以下の内容を一読していただき、弁護士に依頼することのメリットをご確認ください。

1

面倒な手続きからの解放

 交通事故の被害者は、思いもよらない突然の事故により、肉体的・精神的なダメージを負わされることになります。障害があれば、治療・リハビリ等を受けなければなりませんし、仕事を続けることもままならないかもしれません。しかし、そのような状態でも、被害者は損害金や慰謝料を受け取るために、保険会社と交渉をしなければなりません。これは交通事故の被害者にとってとても大きな負担となります。
 我々弁護士は、このような交渉のための専門性を身につけた、事件解決のスペシャリストとして、日々活動しています。我々、弁護士に任せていただければ、保険会社との交渉はもちろん、裁判になった場合も、交通事故の被害者である依頼人の手を煩わせることなく、最善の結果を保証いたします。

2

適正な額の賠償金を受け取る

 通常、治療が終了した際に、保険会社から賠償金額が提示されることになります。しかし、交通事故の被害者自身が直接保険会社と交渉した場合、保険会社の提示金額が不当に低いことがあります。これはなぜでしょうか。
 交通事故の被害者が直接交渉する場合、保険会社は独自の基準に従った賠償金額を提示してきます。しかし、この基準は必ずしも妥当なものとは言えません。むしろ、裁判での基準と比較すると、不当に低い金額であることが多いのです。その理由は単純で、保険会社もビジネスである以上、なるべく収益を上げたい、裏から言えば、なるべく保険金を支払いたくないからなのです。
 これに対して、裁判においては、事件を解決する上で公正・妥当な結論を導くことを目的としているので、あくまでも被害者救済の見地から賠償額を算定します。その結果として、保険会社の提示額と、裁判所における基準額は大きく変わってくるのです。実際に、裁判での賠償額が、保険会社の提示額の数倍にもなる事例が多く見られます。
 また、仮に裁判まで行かなかったとしても、弁護士が被害者の代理人となった場合、最終的には裁判を起こされるおそれがあるので、保険会社としては、裁判に対応するコストを抑えるために、示談(話し合い)で解決したいと考えます。その結果、裁判基準に近い金額での示談が可能になるのです。
 交通事故は、一生のうちに何度も経験するものではありません。他方で、保険会社は、毎日のように交通事故の賠償金の交渉をこなしています。経験・知識・交渉力等、どの点においても、保険会社と被害者個人とでは大きな差があるのが現実なのです。そのため、被害者が個人で示談交渉し、保険会社の言われるままに提示された賠償金額を認めてしまい、本来得られるはずの適正な賠償金を得られなかったケースは多くあります。そのような結果にならないためにも、弁護士に解決を依頼することはとても重要であると言えます。

3

安心の「無料相談」

 交通事故ドットJP経由のご相談は無料となっております。
お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください。

4

「定額(低額)着手金」と「成功報酬金」

 弁護士への依頼は、「敷居が高い」、「報酬金が高額になり、逆に損をする」などのイメージがあるかもしれません。しかし、当サイト経由、ご相談頂いた場合は、着手金以外の報酬は、成功報酬のみであり、しかも着手金は一律10万5000円と低額かつ一律に設定しております。(なお、着手金をゼロとする法律事務所もあるようですが、その分成功報酬が高く設定されているケースもあるようですので、様々な条件を総合的に考慮して、ご自身に最もあった報酬体系の事務所に依頼することをお勧めします。)
 成功報酬金は、①保険会社からの提示額と比較して増額できた損害金の額、又は②最終的に獲得した損害金の額に応じて一定の割合で算出されますので、ご依頼された被害者の方が損をするようなことはありません。なお、報酬金その他のご依頼金は以下の通り、事前に全て明らかにしております。

着手金

10万5000円(弁護士特約のある場合は、当該特約に定める着手金の範囲のみ)

報酬金

(1) 相手方保険会社から示談金の提示がなされている場合

相手方提示金額と当事務所の交渉により最終的に獲得した金額との差額20%(税別)

(2) 相手方保険会社から示談金の提示がなされていない場合

最終的に獲得した金額の16%(税別)
その他、通信費、交通費等実費を別途ご負担頂きます。概算額については契約時に
 ご説明致します。
正式に保険会社もしくは交通事故加害者との交渉の代理人として弁護士にご依頼の
 場合は、弁護士より改めて具体的な弁護士費用を提示、説明を行いますので、
 ご安心下さい。

 以上のように、交通事故の被害者の方にとって、弁護士に相談することのメリットは非常に大きく、他方で弁護士に相談することのデメリットはありません。むしろ、上述したような、手続きの煩わしさ、賠償金の低さなど、弁護士に相談しないことのデメリットの方がとても大きいのです。
 交通事故で被った損害につき、適正な賠償額を受け取り、公平な解決を望まれる被害者の方々、一日でも早く妥当な解決を図り、平穏な日常を取り戻すべく、ぜひ当サイト経由ご相談下さい。

ページの先頭へ